自然葬とはどのようなものなのか

subpage01

自然葬は「土や海に還る」といった自然崇拝が根底にある自然信仰といったものですが、そういった思いがない人であっても今では選択できる環境にあります。
自然葬への関心が高まったころから、それを扱う専門業者も出現しました。

東京の納骨堂情報といえばこちらです。

法律的にはこれを制限するものはなく、政府も「節度を持って行うなら」として、法律の関与はないといった見解を出しています。

「節度」については「骨を粉砕すること」「地域住民の理解を得ること」「自然環境への配慮を怠らないこと」といった解釈をされています。実際業者が生まれて背景には、好き勝手に散骨することで、地域住民や漁業組合などとのトラブルに発展していたことがあります。

桑名で家族葬関連の情報をたくさん掲載しています。

誰に対しても不快感や不安感を与えずに自然葬を執り行うには、適正な運営に努めている業者の介入が望ましかったのです。


業者の中でも特に配慮を行っている業者を選ぶのが、後々トラブルにならないためには必要なことです。



自分で遺骨をハンマーなどを使って粉砕することもできます。

http://smany.jp/1611

地域住民と折衝できるならば、散骨場所も自分で見つけけることができるでしょう。しかし業者に依頼した方が適切な方法でそれを行ってくれますし、自然葬として散骨する場所も問題が起こらないように配慮されています。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14130400929の詳細情報を掲載しています。

近頃では故人の遺志を組んで自然葬が選択されていることが多く、もしトラブルにでもなれば故人の気持ち浮かばれません。

http://smany.jp/tags?page=113の知識が一目瞭然です。

経験豊かな業者に一から十まで依頼するのが得策です。

関連リンク

subpage02














自然葬のメリットとは

時代の移り変わりとともに、葬儀のスタイルも変わりつつあります。「家族葬」のほかにも注目されている、新しい葬儀の形があります。...

NEXT
subpage03














自然葬をするためには

近年では、高齢化や核家族化が進んだことによりお墓の管理が難しくなり、また継承する人もいないという状況が問題となっています。そんな中で注目を集めているのが自然葬です。...

NEXT